SKJコンサルティング合同会社
コンサルティング

帳簿書類電子化コンサルティング

帳簿・書類の電子化の導入を検討する企業に、電子帳簿保存法に基づくコンサルティングを行います。社内文書のペーパーレス化、電子化を促進し、内部統制のとれた効率の良い企業の業務環境の構築をバックアップします。

税法等では、法定帳簿や証憑等の書類を紙で保存することが義務付けられていますが、帳簿・書類をデータ保存することで人件費や書庫費用等のコスト削減が実現できます。また、業務情報、会計情報等を統合的に分析し経営の効率化を図るため、業務プロセス遵守のコンサルティングを行います。

SKJコンサルティングの内容

SKJコンサルティングの位置づけ

SKJ総合税理士事務所が電子帳簿保存法申請・代行サービスを承ります。

帳簿・書類の電子化をする際は必ず電子帳簿保存法の承認を受けなければなりません。企業の電子帳簿保存法の申請に関する手続きをサポートします。

電子帳簿保存法の申請、及び承認を受けるにはいくつかポイントがあります。国税当局で電子帳簿保存法担当の情報技術専門官の経験のある税理士が、承認申請等の税務関係書類の作成、国税当局との折衝を行うため、確実に承認されかつ申請に係る手間が大幅に軽減できます。

経費精算業務のスキャナ保存コンサルテーションパッケージ料金 設定について

中小事業者の皆様を対象に、経費(旅費)精算業務に限定したスキャナ保存コンサルテーションのパッケージ料金を設定しました。業務フローや社内規程の提案から、税務署への申請書作成までを含んだ、特別価格のコンサルテーションパッケージです。

パッケージ料金

  • 対象企業 従業員数が100名以下の企業
    対象業務 経費精算や旅費精算業務に係る領収書のスキャナ保存
    利用ソフト JIIMAが認証したスキャナ保存ソフト、又は電帳法に対応したクラウドサービスを利用
    主要内容 ①経費精算の新業務フロー提案
    ②関連する社内規程の提案
    ③税務署へのスキャナ保存承認申請書の作成・提出(SKJ総合税理士事務所へ再委託して行います。)
    期  間 着手から申請まで3ヶ月以内
    パック料金 300,000円(税別)
    ※上記以外の場合には、別途お見積りいたします。
    ※交通費、宿泊費、日当などの経費は、別途ご負担して頂きます。